前へ
次へ

酵素浴は自然の発酵熱で体を温めます。

野草から抽出した酵素液をこめぬかや粉末状のオガクズとブレンドすると自然の発酵熱が発生します。
酵素浴とは、ブレンドした粉末状の中に体全体を入れることで、体を芯から温めるものです。
温めるのに電気やガス、石油などの熱源は必要としません。
酵素の力の自然発酵熱で温度は60〜70度まで上昇します。
酵素浴により、血行がよくなり新陳代謝が活性化されます。
体内にたまった老廃物を排出するデトックス作用があり、全身のお肌はつるつるになり、肌の色を白くする、しみやくすみが少なくなるなど美容に効果があります。
酵素浴により体が温まり、リラクゼーション効果があります。
ずっとぽかぽかと温かいので、入浴後は朝までぐっすり眠れて、翌朝にはすっきりした心地になります。

掘りごたつ式と椅子式の2種類の屋形船「辰金」

FX初心者の方も安心

海外FXを始められる前にこちらをお読みください

多機能で選ばれるautodesk maya
様々な用途で使えることから選ばれています

直観的なユーザインタフェースを実現

海外情勢も考慮に入れた取引
動きをきちんと把握して利益へと繋げます

その取引プロにお任せください
商品への投資取引は実績ある北辰にご依頼ください

様々なメリットが得られる酵素浴について

酵素浴は酵素風呂とも呼ばれ、おがくずや発酵した米ぬかで体全体を覆い、酵素による自然発酵熱で体を温めるというものです。
約60〜70度まで上昇し、体の芯まで温めます。
デトックス効果が高く、血行が促進されて臓器の働きも活発になるので、根本的な体質改善にもつながります。
そのため、美容効果だけではなく、アレルギー疾患・冷え性・不眠・慢性疲労にも効果があると言われています。
また、最近の研究でがんの予防効果についても注目を集めています。
がん細胞は35度で最も活発になり、39.3度以上で死滅します。
近年がん患者が増えているのは、低体温の人が増えていることが関連しているという見解を持つ専門家もいます。
そのことから、体を温めて冷えを取る酵素浴は、がん細胞に対向するための手段として有効だと考えられています。

Page Top